• HOME
  • ブログ
  • Event
  • 2019.02.21 人口・経済縮小時代のランドスケープ・プランニング:イタリアの経験から学ぶ

2019.02.21 人口・経済縮小時代のランドスケープ・プランニング:イタリアの経験から学ぶ

日本と同じく人口・経済縮小時代を経験しているイタリアのランドスケープ・プランニングの現状と課題を理解し、そこから日本は何を学ぶことができるかを考えるセミナーです。

◇日時:2019年2月21日(木) 18:30〜21:00
◇会場:シティラボ東京(東京スクエアガーデン6階)サロン
◇プログラム
・18:30〜趣旨説明 村山顕人氏/東京大学准教授
・18:35〜基調講演
 「人口・経済縮小時代のランドスケープ・プランニング:イタリアの経験から学ぶ」
 Claudia Cassatella氏/トリノ工科大学准教授(広域計画、ランドスケープ・プランニング)(英語)
・19:45〜パネル・ディスカッション
 「イタリアのランドスケープ・プランニングから日本は何を学ぶことができるか?」
 登壇者:山崎嵩拓氏/東京大学研究員、松尾薫氏/東京大学研究員、飯田晶子氏/東京大学特任講師
 コーディネーター:村山顕人氏/東京大学准教授
◇主催:トリノ工科大学・東京大学UNI-NUAプロジェクト
◇費用:1000円(軽食・飲み物代)
◇申込:event@up.t.u-tokyo.ac.jp (ご氏名・ご所属を明記してください)

関連記事一覧