2019.04.24【サステナビリティ】CDP気候変動対応研修

〈企業の実務担当者向け研修〉
カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)とは、機関投資家が連携し主要企業に対して気候変動・水・森林への戦略や具体的なデータ等の公表を求めるプロジェクトです。毎年質問表が送付され、企業側からの回答率も年々高まってきています。
本研修では、CDPの質問状について正しい理解を得、適切な対応・回答の仕方を学ぶとともに、シナリオ分析ワークショップを通じて、シナリオ分析に基づく気候変動リスク、機会の特定方法を習得します。

◇日時・場所
日時:4月24日(水) (受付9:45〜) 10:00〜16:30
場所:シティラボ東京
主催:ロイドレジスタージャパン株式会社
参加費:40,000円+消費税(1名様)
お申込み方法:↓こちらのウェブサイトからお申し込みください。
       https://lloyds-register.co.jp/cdpclimatechange1/
お問合せ先:ロイドレジスタージャパン株式会社サステナビリティ事業部
      Lloyd’s Register Japan K.K.(担当:高木)
      電話: 045 670 7443   Fax : 045 670 7446
      E-mail :  yokohama-lrj-adv[at]lr.org
         ※[at]を[@]に変換してご利用下さい
      〒220-6010 横浜市西区みなとみらい2-3-1  クイーンズタワーA10F
      https://lloyds-register.co.jp/

◇プログラム
10:00~16:30(途中休憩含む。質問が多い場合、延長することがあります)
・CDPとは
・CDP質問の解説
・回答における重要なポイント
・気候変動シナリオWS(リスクと機会の分析)
・QAセッション

講師:冨田秀実 ロイドレジスタージャパン株式会社 取締役

関連記事一覧