19.06.28 第21回八重洲塾

第21回の八重洲塾は、SDGs(持続可能な開発目標)について考えます。SDGsは地球環境や経済活動、人々の暮らしを持続可能とするためにすべての国が2030年までに取り組む行動計画で、気候変動対策など17の目標からなっています。 東京オリンピック・パラリンピック推進本部の勝野氏、ジャーナリストの崎田氏を招いて、2020年東京大会に関わる食や農業の分野等とSDGsの各項目のゴールとにどのように関わりがあり、日本の社会に影響するかを学び共に考えていきます。

◇日時・場所
日時:6月28日(金)   18:30〜21:00 (受付18:00〜)
場所:シティラボ東京
主催:株式会社アグリインキュベーター
共催:一般社団法人女性未来農業創造研究会
協力:イオンコンパス株式会社・株式会社マイファーム
参加費:一般 5,000円   学生料金 2,000円
お申込方法:下記URLよりお申込みください。
      https://goo.gl/35Ek3j
お問合せ先:sfujii00777[at]gmail.com ※[at]を変換してご利用ください。

チラシダウンロードはこちらから−−>PDF(678KB)

◇プログラム
講演①
・「国際的なスポーツイベントと食・農の関わり」
勝野 美江氏
(内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局 参事官)
講演②
・「世界と日本のフードロスへの取り組み事情」
崎田 裕子氏(ジャーナリスト 環境カウンセラー)

意見交換会

関連記事一覧