• HOME
  • ブログ
  • Event
  • 2019.09.25 【サステナビリティ】アニマルウェルフェア(基礎)研修

2019.09.25 【サステナビリティ】アニマルウェルフェア(基礎)研修

世界の畜産の方法が大きく変革しています。集約的で効率を重視した方法から、動物本来の習性を尊重した自然な方法に戻りつつあります。1960年代に英国で始まった畜産動物の福祉を重視する流れは、今では欧米にとどまらず、中国などのアジア諸国にも広がっています。この変革が起きている理由は、消費者の意識の高まりとともに、食の安全や人の健康、社会の持続可能性、さらには環境やSDGsにも深い関わりがあり、取り組みは加速しています。
 企業が利用する食材や衣類素材、動物実験やその他動物利用に関し、アニマルウェルフェアの方針を策定し、公表することが求められています。消費者の理解を得るためだけでなく、ESG投資のアジェンダとしても動物への配慮が求められています。
 アニマルウェルフェアは、日本で広まっている「動物愛護」とは異なる考え方ですが、十分な理解が普及しているとは言えない状況です。本研修は、アニマルウェルフェアの基本的な考え方や課題、現状を知ることで取り組みの第一歩となるよう、アニマルライツセンターとロイドレジスタージャパンが共同で企画したものです。
 本研修では上記に加え、アニマルウェルフェアの方針の策定例や手順、アニマルウェルフェアに配慮した食材とはなにか、どのような対応が求められているのか、どのような点が評価されるのか等を理解し、企業の責任として具体的にどのような取り組みに反映させることができるかを参加者とともに考えていきます。

◇日時・場所
日時:9月25日(水)  10:00〜16:30 (受付開始 9:45〜)
場所:シティラボ東京
主催:ロイドレジスタージャパン株式会社
参加費:4万円(税別)
お申込み方法:下記ウェブサイトよりお申し込みください。
      https://lloyds-register.co.jp/animalwelfare_basic
お問合せ先:akihiro.takagi[at]lloyds-register.co.jp
      ※[at]を変換してご利用ください。

◇プログラム
▶講師:岡田 千尋 
認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事、一般社団法人日本エシカル推進協議会理事
▶コメンテーター:冨田 秀実
ロイドレジスタージャパン株式会社取締役

午前(10:00-12:00)(9:45 受付開始)
1.企業が配慮したほうが良い動物の課題:化粧品・衣類素材・広告など
2.畜産物を取り巻く課題

<昼食>12:00-13:00

午後(13:00-16:30)
3.動物たちを取り巻く課題(続き)
4.畜産動物のアニマルウェルフェア
5.アニマルウェルフェアの評価ポイント
6.グループワーク
7.質疑応答、まとめ
*参加者のご質問などが多い場合には延長する場合がございます。

関連記事一覧