2020.01.24 第27回八重洲塾

八重洲塾では、SDGs(持続可能な開発目標)について考えていきます。SDGsは地球環境や経済活動、人々の暮らしを持続可能とするためにすべての国が2030年までに取り組む行動計画で、気候変動対策など17の目標からなります。鹿児島堀口製茶有限会社の堀口大輔様、FARMSIDE works代表の佐川友彦様を招いて、地域創生×地域農業×SDGsにおける実際の取組みから、学び考えていきます。また今回は、今後の八重洲塾と2030年日本の農業について、弊社代表藤井よりお話しさせていただきます。

◇日時・場所
日時:1月24日(金) 18:30〜21:00 (受付開始18:00)
場所:シティラボ東京
主催:株式会社アグリインキュベーター
共催:一般社団法人未来農業創造研究会
協力:イオンコンパス株式会社・株式会社マイファーム
参加費:5,000円(学生料金 2,000円 )
お申込方法:下記URLよりお申込ください。
       https://goo.gl/35Ek3j
お問合せ先:sfujii00777[at]gmail.com ※[at]を変換してご利用ください。

◇プログラム
講演①
・「地元創生アグリプレナーを目指して」
  堀口 大輔氏
 (鹿児島堀口製茶(有) 代表取締役副社長/株式会社和香園 代表取締役社長)

講演②
・「小さな経営改善から大きくねらう地域農業の存続」
  佐川 友彦氏
 (FARMSIDE works代表/阿部梨園マネージャー)

講演③
・「2030年の日本農業」
  藤井滋生
 (株式会社アグリインキュベーター 代表取締役社長)

質疑応答・ディスカッション

関連記事一覧