【Event Report】[オンライン]Denmark Cooperative Learning Trip 2020 - 単位共同社会を想像するスクールとトリップ-

デンマーク社会を学ぶオンラインスクールの第1回目を開催

2020年5月31日、一般社団法人IFAS の主催による「Denmark Cooperative Learning Trip 2020」がオンラインで開催されました。
デンマークでは、持続可能な社会が独自の文化の中で培われてきました。近年デンマークはウェルビーイング、福祉制度、生涯学習、IT政策、サステナビリティなど様々な側面で注目されています。

このプログラムは、このようなデンマークの知識を深めるとともに、参加者同士で(新型コロナウィルスの影響を踏まえながら)デンマークへ研修旅行の計画を作成するプロセス共有し日程や視察先を議論し決定します。
全6回のレクチャーや参加者同士の議論は全てオンラインで行われ、日本各地や海外からの参加も実現しています。様々なバックグラウンドから共通のキーワードに興味関心を持って集まり、対話できるコミュニティを形成することも、重要なプログラムの趣旨です。

 

9つの項目からデンマーク を見る

まずプログラムコーディネーターである矢野から日本とデンマークの数値比較や政治や教育,医療など9つの項目からデンマークの全貌を把握するためのレクチャーがありました。
最近話題となったデンマークのメッテ・フレデリクセン首相が若者への感謝スピーチや環境大国としてどのようなエネルギー政策を実施しているか、またエコビレッジや労働組合の仕組みなどを話しました。参加者からは様々な質問がなされ、デンマークについて考える良いきっかけになったようです。

異なる視点でのグループワーク

レクチャー後それぞれのグループに分かれて、グループ名を決めたり、研修先候補などを挙げ議論しました。異なる分野や専門の方が参加しているプログラムのため、今後も様々な視点からの議論が展開されそうです。5人で1グループのためオンラインでも密度が濃い議論をできることが予想され、今後も楽しみです。

最後に、次回の講師の坂口 緑さん(明治学院大学社会学部教授)から課題が出されました。個人で考えることと対話を通した議論の反復でデンマーク に対する興味・関心を深めていくセッションです
日程や講師の情報についてはこちら。

【イベント概要】
■日時:2020年5月31日(日)9:30〜12:00
■場所:オンライン開催
■主催:一般社団法人IFAS
■共催:シティラボ東京

【プログラム】
1.グループワーク
2.レクチャー(プレゼンテーション、Q&A)
3.グループワーク

関連記事一覧