• About

About

シティラボ東京(CLT)は、多様な主体の協働を通じた都市課題解決のプラットフォームとして、
新たな知見やコミュニティの提供とプロジェクト創出の支援を行います。

■ Flow

気づきをもたらす”Learning”、相互創発の機会を提供する”Sharing”、
社会実証・社会実装を支援する”Matching”。
3つの視点から各種プログラムを展開し、事業創出を通じた持続可能な都市・社会づくりを支援します。

■ Space

個人ワーク、ワークショップ、スタンディングミーティング、セミナー、ネットワーキングパーティなど
多様な活動にフレキシブルに対応する約300㎡の空間。
環境を配慮し、内装材には主に天然素材などを使用しています。

会議室
100名までのセミナーやワークショップに対応

サロン
ディスカッションやネットワーキングなど交流と創造の場

ロングテーブル

ロングテーブル
広々としたデスクと専門書ライブラリー

[DATA]
面積:約300㎡
収容人数:最大120名程度
主要設備:プロジェクター・ワイヤレスマイク・Blu-rayプレイヤー(会議室・サロン各1セット)、
ホワイトボード、カウンター、WEBカメラ、スピーカーフォンなど

Membership

Event Use

※予約時間は、撤収・準備を含む時間帯となります。

CLT Program

シティラボ東京では、コワーキングやイベントスペースの提供だけではなく、独自の「CLTプログラム」を推進しています。現在公開中のプログラムについては、下記をご参照下さい。
–> シティラボプログラム(CLTプログラム)

CLT Staff

[左から順に]
藤井顕司
シティラボ東京 プロジェクト・ディレクター
東京建物株式会社 まちづくり推進部都市政策室

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻(都市持続再生学)修了。都市計画と建築設計の事務所を経て、2001年より東京建物株式会社へ。東京や名古屋での大規模都市開発プロジェクトなどを担当した後、シティラボ東京を立ち上げ、現在はその企画・運営と並行して東京駅八重洲口周辺のまちづくりの推進などを担う。

冨谷正明
シティラボ東京 プロジェクト・マネージャー
東京建物株式会社 まちづくり推進部都市政策室

早稲田大学理工学研究科修了後、組織設計事務所で勤務。2008年に東京建物株式会社に入社、2018年シティラボ東京を立ち上げる。SDGsやESG投資、まちづくり関連の専門家、大手企業、スタートアップなどの多様なパートナーとの協働を通じ、社会課題解決のためのコミュニティ形成、プログラム提供などに取り組んでいる。2児の父、趣味はアイロン掛け。

平井一歩
シティラボ東京 コミュニティ・ディレクター
一般社団法人アーバニスト理事、認定NPO法人日本都市計画家協会理事

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科建築工学専攻修了。都市計画コンサルタントとしてまちづくりビジョンの策定などに従事、大学の産学官連携コーディネーターとしてまちづくり・ものづくりに係る地域連携に従事し、現在に至る。日本都市計画家協会理事として三陸の復興まちづくり支援も継続している。左利き、一人っ子、早生まれ。

三谷繭子
シティラボ東京 コミュニティ・マネージャー
株式会社Groove Designs代表取締役、一般社団法人アーバニスト理事、認定NPO法人日本都市計画家協会理事

筑波大学大学院人間総合科学研究科デザイン専攻環境デザイン領域修了。卒業後は土地区画整理事業などの大規模開発に従事し、プランニングから事業推進まで一連の業務に携わった後、株式会社Groove Designsとして独立。現在は都市デザインコンサルタントとして全国各地の地域を支援する。都市デザインにおけるコレクティブな協働を生み出すべくラボ立ち上げに参画。生粋の末っ子気質。

介川亜紀
シティラボ東京 広報・PR
一般社団法人アーバニスト理事

明治大学大学院理工学研究科新領域創造専攻修了。フリーランスとして建築、不動産、まちづくり、UDをフィールドに多様なメディアの企画編集・執筆、調査、広報に携わる。特に、建築や都市の再生に興味津々で全国を飛び回っている。八重洲・京橋エリアに古き良き日本の趣を残しつつ新たな動きを生み出そうとするラボのコンセプトに感銘を受け、押し掛け女房的に広報として参画。